「人づくり」「モノづくり」「まちづくり」で地域の産業・観光活動を支援します

足利市概況

足利学校足利市は、今から7~8千年以前、又は旧石器時代頃から人々が住みついたと言われ 近世に至って足利源氏発祥の地でもあります。天喜2年(1054年)に藤原秀郷の子 孫、足利大夫成行が両崖山に城を築き、足利氏(藤姓)と称して、代々この地を支配し ました。後に、源(八幡太郎)義家の孫、源義康が足利氏(源姓)を名のり、鎌倉時代 には足利上総介義兼(足利尊氏6代の祖)が居館を堀の内(現在のばん阿寺)に置いて この地を治めました。一方、小野篁が講書の地として1100年余年の昔、日本最古の 「足利学校」を創立し、東洋の総合大学として多くの弟子を育成したと言われています。 それら数多くの歴史を持つ足利市には、由緒ある神社仏閣がたくさんあり、名所旧跡も 数多く、「東の京都」呼ばれています。山と川にかこまれた町並は、四季おりおり美し い自然に恵まれ、関東有数の美しい観光のまちです。 明治21年(1888年)に両毛鉄道(現在のJR両毛線)が、明治40年(190 7年)には東武鉄道が開通し、東京との交通が便利になり、急速に発展しました。大正 10年(1921年)1月1日に市制を施き、近隣の町村を合併しつつ、今日の近代都 市“足利市”が築かれました。 一方足利の産業は、古くから織物の産地として知られ、近年にはトリコット、ニット 製品を始めあらゆる繊維製品の産地として発展し、加えてプラスチックや金属加工産業 も首都圏に近接した産地として大いに進展しています。また流通関係も北関東と信越を結ぶ重要拠点となっており、小売・サ ービス関連業も両毛の中心地域として発展しています。


【市  勢】(H22.6.1現在)

  • 人 口:155,018人 (男性:75,827人・女性:79,191人)
  • 世帯数:60,268世帯
  • 人口密度:1k㎡当り 872人

【地  勢】

  • 市役所位置:足利市本城3丁目2145番地(東経139°27′・北緯36°20′・海抜34.54m)
  • 市域面積 :177.82km2(東西18.8km・南北19.1km)
  • 市 海 抜:最高662.9m(仙人ケ岳)最低22.5m(瑞穂野町地内)

足利市は繊維を中心として発展してきた総合産業都市!

足利市は、古くから織物の産地として知られ、奈良朝時代の文献に足利から「かもしか織り」と言われた織物が供進された とあり、鎌倉時代の「徒然草」にも足利の織物のことが記されているなど、織物の街としての古い歴史を持っています。近年 になり足利銘仙など絹織物が全国的に有名になりましたが、太平洋戦争後はニットや女性の下着など新しい繊維と繊維が育ん だデザイン力、技術力、人材力により多彩な産業都市として発展しています。


【商 業】(平成19年足利市商業統計)

  • 商 店 数:2,222店(卸売業467店・小売業1,755店)
  • 従業者数:13,143人(卸売業3,298人・小売業9,845人)
  • 年間商品販売額:3,451億6,400万円(卸売業1,780億1,200万円・小売業1,671億5,200万円)

【工 業】(平成19年足利市工業統計)

  • 事 業 所 数:2,047事業所
  • 従 業 者 数:20,430人
  • 製造品出荷額等:4,179億0,843万円

経営のことならお気軽にご相談ください TEL 0284-21-1354 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
〒326-8502 栃木県足利市通3丁目2757

PAGETOP
Copyright © 足利商工会議所公式ホームページ All Rights Reserved.