「人づくり」「モノづくり」「まちづくり」で地域の産業・観光活動を支援します

足利商工会議所概要

  • HOME »
  • 足利商工会議所概要

商工会議所の意義と目的

mamoru

商工会議所とは 

 商工会議所は、「商工会議所法(昭和28年法律第143号)」という法律によって規定・運営されている特殊法人で、商工業の振興を目的として組織、運営されている法に定められた唯一の地域総合経済団体です。商工会議所は「その地区内における商工業の総合的な改善発達を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資することを目的とする。」と定められています。

商工会議所の目的 

 商工会議所会議所は商工業者のみなさんの世論を代表する公的性格を持つ機関です。

 交通網や産業基盤を整備したり、企業をとりまく経済環境を充実させるために、地元産業界の代表として積極的な意見活動を行うなど、地域を代表する唯一の総合経済団体として商工業の発展に寄与することを目的としています。

従って、商工会議所の活動には大企業も中小企業もみんな力をあわせて住みよく、働きやすい街にしようという願いが込められており、商工会議所に参加し、その機能を活用することが個々の企業の利益を得ることになるとともに、地域商工業全体の繁栄につながるのです。


足利商工会議所の昨日、今日、明日

-昨日―

 足利商工会議所は、昭和15年10月15日設立され、太平洋戦争で一時廃止となったが、終戦後社団法人足利商工会議所として誕生、昭和28年商工会議所法が施行され、29年4月新しい商工会議所としてスタート、30年に旧織姫公民館の一部に事務所を併設し、商工業者の拠点とした。

 昭和42年内田元四郎会頭が就任、44年有楽町に独立した商工会館を建設し移転、46年創立30周年記念事業として大ホールを併設、47年御厨商工会を合併し、48年に会員4千事業所を突破、これを記念して第1回会員大会を開催、49年情報センターを設立しコンピューターを導入した。

 昭和54年三田公一郎会頭が就任、56年に創立40周年記念第6回会員大会を実施、60年地場産センター誘致運動を展開、センターに連築して本部会館を新築、創立50周年を迎えた平成2年会員6千事業所を達成、翌3年大河ドラマ「太平記」放送が実現し、全国から480万人の観光客が来足した。

 平成5年板橋敏雄会頭が就任、新しい地域おこし事業「まちおこし探偵団」をスタート、6年足利花火大会を市民参加のわたらせ・サマーフェスタに発展、7年足利産業ルネッサンス運動に取り組み、地場産業の再生を目指し北イタリア経済ミッションを派遣、デザインコンクール等実施、ホームページも開設した。9年より「人・まち・産業おこし」を推進、10年足利ケーブルテレビ「わたらせテレビ」開局、CATVを活用して諸事業を展開した。

 平成12年創立60周年記念事業を実施、13年21世紀ビジョン策定委員会が「まちなか再生・企業誘致・観光振興」の三点を重点課題として足利市に提言、人材確保ではASTOP(足利職業人・東京遊歩人)からITEPS(電脳技術・人間気概)の人づくりに切替推進、15年創始100年を迎えた足利花火大会を記念して足利百年花火を実施、同年11月108年の歴史を持つ足利銀行が破綻、地元企業への積極的な対応をはかった。そして16年一時国有化となった足利銀行元本店をまちなか再生の拠点とすべく購入を決定した。

―今日―

 平成17年5月通3丁目の足利銀行元本店に本部を移転、明治期のまちづくりに奔走した友愛義団に倣い友愛会館と名づけた。また、国の「戦略的中心市街地商業等活性化支援事業」の採択を受けて会館を改装、18年2月創立65周年記念式典と併せて落成式を行った。1階友愛ホールと市民ギャラリーは映画上映会や展示会、個展、ギャラリー・カッサでは「相田みつをふる里展、川島理一郎特別展」、地下まち歩きミュージウムは、観光客のほか小・中学生の社会見学に利用された。18年・19年国の「地域資源∞全国展開支援事業」の採択で、観光振興、まちなか誘客を推進、「JAPANブランド確立支援事業」では世界に通用する足利ブランド開発を推進、中心街の情報を共有発信する「木曜会」では毎月連絡会議を開催した。

 平成19年菊地義治会頭が就任、「人・モノ・まちづくり」を官民協働の基本理念として事業をスタート。20年百年に一度と言われる経済危機に直面、窓口相談の時間延長、金融・雇用対策の緊急要望等を行った。また、足利5S学校推進ネットワーク協議会を設置、友愛会館では地域と一体となって様々な事業を展開した。21年景気後退による最悪期は脱するも、当市中小企業は依然厳しい経営環境を余儀なくされ、雇用安定助成金の申請支援、金融特別相談窓口の設置など対応をはかった。プレミアム付あしかが商品券発行、足利秋まつりの一元化に向けた取組みなど新たな事業展開で消費喚起と商業活性化、観光客誘致を促進、足利5S学校のキックオフで「5Sの街・足利」を宣言した。22年創立70周年を迎え記念事業を実施、論語かるたの作成、70年企業の顕彰、記念式典・表彰等を行った。

 平成22年11月早川慶治郎会頭が就任、「人・モノ・まちづくり」の基本理念を継承しながら、「学び舎のまち足利」を戦略テーマに賑わいと活力ある足利の創出に向けて事業をスタート、景況も上昇傾向にあったが、23年3月11日東日本大震災により急変、特別相談窓口設置や計画停電、自粛の回避、金融対策等緊急要望を国に提出した。また、行政との連携をより緊密にしながら、足利市共通の観光ガイド作成、花火大会の改革、足利ブランドの認定・発信、足利学校・鑁阿寺を核とした賑わいづくり、足利流5Sの推進強化に努めた。24年は戦略テーマ「学び舎のまち足利」を基軸に「人・モノ・まちづくり」事業をより具体的かつ現実的に進め、世界5Sサミット2012足利の開催、足利学校・鍐阿寺を核とした観光誘客の推進、足利ブランドの充実等を図った。

―明日―

 戦略性のある観光・まちづくり、ブランド力の強化・発信、小規模事業者の経営改善に向けた支援の充実、農商工連携による新ビジネスの創造、足利5S学校の拡大推進、会員ニーズへの的確・迅速な対応、行政との連携による事業の展開を図るほか、新時代に対応した商工会議所運営の構築に向けて会員増強と財政基盤の強化をはかる。


地域の産業活動を有機的に支援しています(主な活動)

意見活動

 金融・税制・交通・労働・教育等の改善や地域開発などについて会員の意見を取りまとめ、国・県・市など関係機関に要望、陳情して問題の解決を図っています。

情報サービス 

 最新の経済情勢をとらえるため各種の調査を行い、活きた資料づくりに努めています。こうした調査研究の結果や経済情報を会員にタイムリーに提供するために、機関紙「会議所ニュース」を毎月発行しています。

相談サービス

 金融・税務・経営・労務・商取引などの相談業務のほか、「経営安定特別相談室」を設け、倒産防止等の相談に応じています。

指導事業

 会員の要望に応じた講演会・講習会・見学会を開催するほか、中小企業経営の近代化・専門化・協業化の推進や新入社員や従業員の教育訓練なども行っています。

技術及び検定

 商工業に関する技術、技能の普及につとめ、珠算・簿記・ワープロ・販売士等の検定試験を実施しています。

調整活動 

 業界の調和ある発展につとめるとともに、地方自治体の行う諸政策の普及活動に対し、地元企業繁栄の普及推進に努めています。

社会福祉

 街の美化活動や交通安全運動に協力し、駐車場・駐輪場問題の対応策を推進しています。また、経営者や従業員のための福利厚生に役立つ共済事業も行っています。

経営のことならお気軽にご相談ください TEL 0284-21-1354 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
〒326-8502 栃木県足利市通3丁目2757

PAGETOP
Copyright © 足利商工会議所公式ホームページ All Rights Reserved.